当たる占い師と当たらない占い師の違いとは?それぞれの特徴について

占いをしてもらうなら当たる占い師に頼みたいと考えるのは自然なことです。しかし、実際には当たらない占い師も存在するため、どのように見分けるかも重要になってきます。占い師にも腕前があるため、どのように腕のいい人を探すかは重要になるのです。
わかりやすいのは口コミをチェックする方法ですが、人によって相性の差が出るという問題も出てきます。口コミをチェックしても判らないことも多いため、判断の基準を育てる意識も重要になります。
電話占いなど手軽にできる占いが増えているのもポイントです。様々な占いサービスが増える分満足できる占いに巡り合うまでに時間がかかることもあります。ポイントを把握しながらチェックするだけで外れを見分けつつ、より信頼できる占い師を探せるようになるのです。

一番わかりやすいのは口コミをチェックしていくこと

当たる占い師を探すのであれば、口コミをチェックしていくのが最も手軽になります。口コミの件数が多いほど信用性が高くなり、評価の平均値をチェックすることでさらにわかりやすい把握が可能になります。
高い評価の数が多ければ相性を選ばずに様々なタイプの人の占っているという証明になり、平均値が高ければ当たる占いができている可能性が高くなるのです。評価のばらつきもチェックしたいポイントで、外れを引かないためにも大切になってきます。
評価のバラツキに注目するのは、極端に偏った口コミだと人為的に作られている可能性が高まるためです。お金を積んで評価を上げるように依頼する悪徳占い師が紛れ込むケースもあるため、不自然に高い評価になっていないかもチェックした方が良いのです。

口コミの多さと平均値の高さをチェックするのが基本になる

当たる占い師と巡りあいたいのであれば、口コミの多さと評価の平均値をチェックするのが基本になります。評価が多いということはそれだけ人気であり、平均値が高ければ当たる可能性も高くなります。
口コミの数が少なければ極端に当たり外れがある占い師であっても良い口コミがつく可能性が出てくるのがポイントです。新人占い師などは経験の薄さを価格などで補う傾向がありますが、どうしても評価が分かれやすくなるのです。
長い経験で、安定した口コミをしている占い師ほど信頼性が高くなるのです。

悪質なサイトだと不自然な評価がついてしまうことも

占いをしてもらう場合は運営者がしっかりとしているかをチェックすることも大切です。品質を保つための努力をしていないと、高い評価をお金で買って宣伝するような悪質な占い師が紛れ込む可能性があるからです。
特に占いサイトの占い師の選考基準は重要で、選考基準が厳しいサイトほど信頼性が高くなります。運営会社の情報などが確認できるか、個人の占い師の場合はサイトやSNSなどで情報発信をおこなっているのか確認し、怪しいところは避けるのも方法なのです。

事前にやりとりができる場合は文面からチェックするのも方法に

当たる占い師と外れる占い師を見分ける方法の一つが、予約の文面から読み取る方法になります。ネット経由の占いの場合は事前に簡単な職業情報などをメールに添えて予約をすることが多くなります。予約の時点で怪しいと感じた場合は避けてしまうのも方法です。
送った情報に不足があれば、占いに時間がかかることになります。そのため、事前に伝える情報が不足している場合に注意点を添えて返信をくれる占い師は信用しやすくなります。逆に明らかに不安を煽るような文言や、早く占いを促すような文言が含まれる場合は信用度が下がります。
短いやりとりであっても相手の人柄がにじむことがあるため、信用できないと判断した場合は別の人を当たるのも方法です。ただし、わざと相手を試すようなことをしても割に合わないことが多いため注意も必要になります。

占いを当てられる占い師は文面にも気遣いがにじむ場合が多い

占い師はいつも時間が空いているわけではなく、人気で腕が良い占い師ほど予約が取りにくくなります。しかし、忙しい中でもしっかりと他人を気遣える占い師は予約などにも丁寧に答えてくれることが多く、情報の不足などがあれば優しく指摘してくれることが多いのです。
情報が不足すればそれだけ占いの精度がおちることも多く、占いに時間がかかって料金も高くなる原因となる場合もあります。良心的な占い師ほど金銭的な負担まで考えた提案をしてくれます。
逆に悪徳な占い師は負担を考えずに発言をすることが多く、文面が乱暴であったり、事務的な対応になりやすくなります。

試すようなことをしても得にはならない点に注意が必要

当たる占い師ほど気遣いができるのであれば、悪徳占い師などを見分けるためにわざと情報を不足させて相手の態度を見た方が良いのではと考える人もいます。
しかし、実際には相手を試そうとしても良い占い師に占って貰えるチャンスを逃すことになりかねないのがポイントです。占い師でも一人一人性格が異なり、几帳面でルールにこだわる占い師も存在し、情報の不足が予約が取れない理由になることもあるのです。
マナーの問題にもなりかねないため、まずは自分から予約のルールを外れないことが大切になってきます。

当たらない占い師ほど不安を煽る言葉を使うことが多い

当たる占い師と当たらない占い師の見分け方の一つに、会話を聞く姿勢や占いの流れの作り方があります。当たる占い師ほどしっかりと依頼者の話しを聞く傾向があり、寄り添う姿勢をとってくれることが多くなります。しかし、あたらない占い師の場合は話しをさえぎったり、否定することが増えてくるのです。
結論を急いだり、決断を急かしたりする占い師は信用しない方がおすすめです。価値観の否定を続ける占い師も危険で、否定を続けることで宗教などに誘導する可能性なども出てきます。言いにくいことをズバット言ってくれる占い師もいますが、否定が続きすぎる場合は占い師の都合に沿って誘導されている可能性が出てくるのです。
占いの時間で料金が変わるケースは珍しくなくなっているため、怪しい占い師だと思ったら早めに打ち切って別な占い師に依頼するのも方法になります。

当たる占い師はしっかりと話しを聞いてくれることが多い

当たる占い師に共通する点は話しをよく聞いてくれる点です。霊視などの能力をもっている人の場合はずばりと本質をつくこともありますが、本質を突くのと依頼者が納得できるかは話が別です。そのため、見落としがないかチェックすることや、心に響く言葉を探るために話しをよく聞いて言葉を選ぶ傾向があるのです。
事前に伝えにくい情報がある場合は、まず話しやすい雰囲気の占い師を探していくのも方法です。結果的に当たる占い師に出会える確立も高まることが多いのです。

否定が続きすぎる場合は注意が必要になってくる

占い師が自分の価値観の否定ばかりを続ける場合や、話しをさえぎる癖がある場合は注意が必要です。否定を続け、自分の価値観を疑いだした人に何かを売りつけるのは霊感商法の常套手段になります。途中まで話しを聞いてくれても、決断を急かすような言葉や、物事を断定した上で否定する言葉が続く場合は警戒が必要になります。
信頼できる場所で受けられるかどうかも大切で、同じ場所でもやたらと安い占い料金を設定している場合も疑った方が良い場合もあります。
不安感が膨らむ占い師の場合は早めに会話を打ち切って、別な占い師を探して話しを聞いてもらった方が当たる場合も増えるのです。

当たる電話占いランキング

関連記事

NO IMAGE

【当たらない占い師の手口】コールドリーディングとは?

NO IMAGE

【当たらない占い師の手口】ホットリーディングとは?

NO IMAGE

悪質な電話占いの手口(迷惑メール・高額請求など)|それぞれの対処法について

NO IMAGE

「電話占いをやめたい・・」依存していると自覚した時にすべき対策